学科紹介 学科概要・挨拶

学科概要

東北女子短期大学は2021年4月からの男女共学化に伴い「柴田学園大学短期大学部」へと改称することになりました。
キーワードは「生活創生」。当学園は、次の時代を見据えて新たな分野に挑戦し、地域の課題を解決し地域に貢献できる人材づくりを目指しています。

生活科

生活科

多様化する社会や生活のアドバイスができる人材を育てます

保育科

保育科

子どもたちの育ちに寄り添う人材を育成します。

学科長挨拶

生活を健康でより豊かに過ごす知識と技術を学ぶ

 現代社会が急速に高齢化やグロ―バル化する中で、「生活を健康でより豊かにするにはどうしたらよいのか」という大きな課題が浮上してきました。これに応えるために、「生活」に関する様々な知識と技術を体得したライフアドバイザーの養成が求められています。
 生活科では「これからの地域社会を担う人材育成」を目的に、栄養士課程、医療マネジメント課程、ビジネスマネジメント課程の3つを用意しており、「生活」に関わる様々な視点から幅広く学びます。職業現場を想定した種々の学内実習のほか学外実習やインターンシップに向けた充実したサポートプログラムにより、専門的な学習に加え、管理力・指導力・コミュニケーション力などの能力向上を意識した実践力を養成しています。また、さまざまな学びの中で、教養やマナーはもちろん、現代社会では欠かせないITリテラシーを確実に身に付けていきます。日常の中から問題意識を持ち、私たちの生活を改善していく術を学ぶ、明るくバイタリティーあふれる学科が生活科です。

生活科長 兼平拓道

子どもたちを明るい未来へ導く魅力的な先生へ

 今、世の中では、自然災害だけでなく、人から人への攻撃も増えてきているように感じます。誹謗中傷や権利主張など、誰かを非難して自分を守る風潮が蔓延する中で、これから私たちは何を大事にして歩んでいけばよいのでしょうか。その答えの一つは、人のことを言う前にまず自分のことであると思います。例えば「何気ない日常の中に自分なりの楽しさや価値を創り出す」こと。このような姿勢は私を含めて欠けているのかもしれません。このような、まずは自分を変えようとする意識が、実は子どもたちの手本となり、子どもたちの主体性・自主性を引き出すことにつながると考えます。
 本学保育科で新しい自分を発見しながら、目の前の子どもと遊び込める確かな実践力を身につけ、子どもたちを明るい未来へ導く魅力的な先生になってほしいと思います。

保育科長 佐々木典彰