学科紹介 保育科

子どもの育ちに寄り添い、社会のニーズに対応できる保育者の育成を目指します

柴田学園大学短期大学部 保育科

保育科では幼児教育に必要な基礎理論をはじめ、保育内容の研究や子どもに直結した保育技術などを幅広く学ぶと共に、幼稚園・認定こども園・保育園・福祉施設などの学外実習を通して確かな実践力を身につけています。
クラスのみんなが「子どもたちの育ちに寄り添う」保育者を目指して、今日も楽しく学んでいます。

教職(幼稚園)課程

柴田学園大学短期大学部 保育科 教職(幼稚園)課程

保育士課程

柴田学園大学短期大学部 保育科 保育士課程

教育目的

「子どもたちの育ちに寄り添う」という共通の思いで、幼児教育に必要な基礎理論や保育技術などを学び、確かな実践カの修得を教育目標として掲げ、子どもの信頼に応えられる保育者を養成します。

保育科Q&A

Q.幼稚園教諭免許と保育士資格の2つを取るのは大変ですか?

保育科Q&A

A. 保育科学生のほぼ全員が幼稚園教諭免許と保育士資格の2つを目指しています。当然履修科目は多くなりますが、高校時代の勉強とは違い、将来の仕事に直接結びつく授業なので、ほとんどの学生が興味と期待を持って意欲的に学んでいます。

2015(平成27)年4月から幼保連携型認定こども園中心の新制度になったため、今後はどちらの資格も持っていることが必須になります。

Q.幼稚園教諭と保育士の違いはなんですか?

保育科Q&A

A. 満3歳から就学前までの幼児を教育する幼稚園教諭になるためには、教員養成機関で学び、幼稚園教諭免許状を取得する必要があります。0歳から就学前までの乳幼児を保育する保育士になるためには保育士養成機関で学ぶか、保育土試験を受験して保育士資格を取得し、登録することが必要です。

また、保育園だけではなく乳児院・児童養護施設などの児童福祉施設でも仕事ができる資格です。

Q.ピアノをまったく弾いたことがないのですが大丈夫ですか?

保育科Q&A

A. 入学生の半数以上はピアノ未経験者ですので心配ありません。個人で使用できるピアノ練習室やヘッドホンを装着し練習できる電子ピアノも用意され、空き時間、昼休み、放課後も練習することができます。

授業はグループレッスンですが、一人ひとりの進度に合わせた指導が受けられます。

3つのポリシー

アドミッションポリシー(学生受け入れ方針)

求める人物像

  • 子どもが好きで子育てをサポートする仕事に携わりたい人
  • 子どもの気持ちや好奇心に応え寄り添える人
  • 明朗快活で子どもに負けない体力がある人
  • 子どもを取り巻く社会環境や未来を考え活躍したい人
  • 幼稚園教諭・保育士になりたい人

カリキュラムポリシー(教育課程の編成方針)

地域社会や職場で必要とされる人材を育成し、子どもの信頼に応える保育者を養成します。

授業やさまざまな活動を通して身につけた知識や技能を、さらに現場を意識した体験的・総合的な学習で理解を深め、保育職・教職生活へのスタートがより円滑にできるような実習プログラムが組まれています。

  • 保育実習・教育実習等の学外実習では、短大での講義内容と実際の子どもの姿を結ぴつけることにより、学ぴを深めることができます。実習を終えた後は、授業に対する取り組みがさらに意欲的になり、現場への夢が一層膨らみます。
  • 子どもの文化と遊びでは、地域に伝わる遊びや保育における年中行事での遊びを理解しながら、遊びの楽しさを子どもたちに伝える方法を考えて実践します。
  • 子どものための総合演習では、学生が主体となり、劇・ミュージカル、保育教材の製作などを通して協働の大切さを身につけていきます。

卒業認定・学位授与の方針

共通教養科目により社会人として必要な基礎常識を身につけると共に、専門教育科目のカリキュラムに沿って学習し、卒業に必要な62単位を修得し卒業が認定されたものに短期大学士(保育)が授与されます。加えて、保育科の教育目標に沿った能力を身につけ、かつ所定の単位を修得することにより、教育課程の方針に位置付けられている資格を取得することができます。

2年間の学びにより、

  • 本学保育科卒業生として責任を果たすことができる社会人
  • 卒業時に獲得した学習成果を活かして幼稚園教諭または保育士として活躍できる社会人

を目指します。

取得可能な免許・資格

  • 幼稚園教諭二種免許
  • 保育士資格
  • 認定ベビーシッター資格

保育科の資格を活かした進路先